太陽光発電メリットデメリット

メリット

発電して余った電気を高く買い取ってもらえる

10kW以上の大型太陽光発電システムは発電した電気の全てを売る事ができますが、10kW未満の住宅太陽光発電システム(全国平均4.5kW)では、発電した電気はまず家で使用され、余った電気だけ電力会社に売る事ができます。

普段の電気代の単価より、売る事が単価の方が高いので、日中に電気の使用量が少ないご家庭ほどメリットが多くなる仕組みになっています。

売電の詳しい仕組みについては、こちらのページをご覧ください。

デメリット

投資回収が見合わない可能性がある

メリットの所に書きましたが、住宅用の太陽光発電システムはあくまで「余った電気だけ高く買い取ってもらえる仕組み」です。

つまり裏を返せば、発電した電気を全部使い切ってしまうと、かなりメリットが少なくなってしまう、とも言えます。
二世帯住宅のご家庭や、ペットなどを飼っていてエアコンなどの空調機器を入れっぱなしのご家庭などは慎重な判断が必要です。

また、小さな容量のシステムしか載せられないために、余らせる程たくさん発電できない条件の場合も同様に慎重にご判断ください。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

残念なことですが、薄利多売で激安価格で販売する会社もあれば、目が飛び出るほどの高額で販売する会社もあります。価格に敏感になっていらっしゃるのでしょう、いつの間にかkW単価をお客様の方から仰るような時代になりました。

イメージが湧きにくいかもしれませんが、適正価格で購入する事と同じくらい重要なことは、最適なkW数(容量)で購入することです。

良くあるのが、初期費用を安く見せるため、容量を少なくしてパック販売をする業者。設計を学ばせる必要がありませんので営業マンの研修が少なくて済み、その分の費用が浮くという構造で、結果損をするのは一般消費者です。

当然ですが、屋根の大きさ・形・電気の使用状況は各ご家庭で全く異なります。太陽光発電は一つ一つオーダーメイドな商品である、という認識をお持ちになって下さい。

ご自宅ではどれくらいのシステムを設置できて、どれくらいの売電収入を得られるのか知りたい方は、お気軽にソーラーパートナーズまでお問い合わせください。

ソーラーパートナーズに見積り依頼する(無料)

メリット

月々の電気代が安くなる

発電した電気は優先的に家で使われます。今まで払っていた電気代を払うことなくご自宅の屋根で発電した電気を使いますので、その分月々の電気代は安くなります。オール電化を導入しているご家庭では通常深夜の電気代単価を安くする代わりに日中の電気代単価が高くなる電気料金プランにされますので、より電気代の節約効果が高くなります。

デメリット

常に発電しているわけではない

太陽光発電システムはあくまで太陽光があたって発電するもの。つまり夜は発電をしません。雨や曇りの時にも大幅に発電量は低下します。太陽光発電システムを設置したからといって夜の時間帯にたくさん電気を使ってしまうとむしろ電気代の増加に繋がってしまいます。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

太陽光発電システムとオール電化を同時に購入される方が多いです。
相性の良い商品ではありますが必ずしもセットで買わないとメリットがでないというわけではありません。これも各家庭によってセットで買った方がメリットがある場合と、逆にデメリットの場合があります。

そもそもオール電化はガス代を下げる商品ですのでガス代が高い方が導入するとメリットがあります。逆にガス代が安い方はオール電化にしてもあまりメリットはありません。またいくらガス代が高くてもそれが給湯部分で高くなっていないとオール電化にしてもメリットは出ません。
ガスストープなどが理由でガス代が高くなっているような方はオール電化にしてもガスストーブがエアコンなど電化製品に切り替わるだけで大した変化は起きないにも関わらず高い金額を払うという事になってしまいます。

詳しくは下記のページをご覧ください。

メリット

災害・停電時の非常用電源として使える

パワーコンディショナを自立運転モードに切り替える事により、通常パワーコンディショナについている自立運転コンセントを使用して、最大1500Wまで使用する事ができます。テレビ・ラジオの視聴や携帯電話の充電等に利用できます。

デメリット

夜は発電しないし、蓄電できるわけではない

東日本大震災の時に太陽光発電を設置している家だけ夜でも電気が煌々とついていたという話が出回りましたが、全くのデマです。太陽光発電システムは太陽光があたっている時しか発電しませんし、蓄電ができるわけではないので、夜の停電時に活躍する事はありません。それらを当てにして購入してしまうといざという時に当てが外れて困り果てることになります。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

停電時に自立運転機能が使えたとしても1500Wが上限ですので、大きな電化製品を動かし続けることはできません。

太陽が照っている事が条件ですので不安定であることも考えると、テレビをつけたりテレビやラジオを聴いたりというのが主な使い道になってくるかと思います。停電時の夜の電気使用を考えるのであれば蓄電池を購入しなければなりません。

蓄電池は現在、国からの高額な補助金による強力な後押しによってすごい勢いで普及が進んでいます。

非常時の電源確保のために太陽光発電システムと一緒に購入する方が増えているためです。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

メリット

太陽光パネル設置面下の部屋は、夏涼しくなり冬暖かくなる

夏場は屋根に直接当たっていた太陽光が太陽光パネルにより遮られますので、その下にある部屋の温度上昇を抑える効果があり、室温がおよそ2~3度下がると言われています。

冬場は、太陽光パネルによって、屋根面からの放射冷却が抑制されることにより温度低下が抑えられるため、室温がおよそ1~2度上がると言われています。

エアコンの節電にもつながり結果売電量の増加に貢献します。

詳しい解説はこちら

デメリット

雨漏りのリスクがある

太陽光発電システムは屋根に穴を開けて固定する仕組みです。メーカーの規定された工法のもと何重の対策を施しますが、ずさんな工事を行う会社や、そもそも設置不可の屋根に無理やり設置してしまうなどの会社にあたってしまった場合は大きな損害をもたらす事になってしまいます。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

太陽光パネルを設置した下の部屋の温度が下がるのも、雨漏りのリスクがあるのも太陽光パネルを屋根に設置することから起きるものです。

電気代を下げたり、余った電気を売る事ができたりとかくお金の話にばかり興味がいってしまいますが、建築工事であるという事を忘れてはいけません。ご自宅を買う時に一番安いハウスメーカー、工務店という選び方をしたでしょうか?

一生に一度の買い物のご自宅の屋根に穴を開ける工事をしてもらうのにふさわしい会社かどうか。このような視点も忘れないようしたいところです。

ソーラーパートナーズは、工事にこだわりをもつ専門業者の全国ネットワークです。
ご自宅の近くで、確かな工事技術をもつ会社を見つけたい方は、ソーラーパートナーズまでお気軽にお問い合わせください。

長期間にわたって安心できるソーラー生活をサポートいたします。

ソーラーパートナーズに見積り依頼する(無料)

メリット

補助金が各自治体からもらえる

都道府県や市区町村ごとに内容が異なりますが、太陽光発電システムに対する補助金制度を設けている自治体があります。固定価格買取制度が始まった2009年と比べて、現在は太陽光発電システムはかなり安くなっていますが、補助制度がある場合はさらに初期投資額の軽減に大きなサポートとなります。自治体の補助金は予算が限られている場合が多いので、早い段階で確認しておくとよいでしょう。

関連する記事 solar-partners.jp

デメリット

最初に大きな金額が必要

補助金があるとしても、そうは言っても初期費用は安くありません。平均的な大きさの4kW台のシステムを導入する場合、実質的な自己負担額として100万円台後半かかる事は稀ですが、逆に100万円を割り込む事もありません。車を購入する時のようにローンを利用する方もたくさんいらっしゃいます。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

一時期に比べて安くなってきたといっても、数百万円する高い買い物です。

ローンで購入する場合はソーラーローンを利用することになります。期間は最長15年で金利は固定金利です。

金利は申込をした時の金利が全期間適用されますが、申込時の金利は前月1日段階の長期プライムレートにプラス1.5%をした金利になります。

太陽光発電システムを導入した場合の「金銭メリット(電気代の削減メリット+売電収入)」が、「ローンの月々の支払金額」より大きいもしくは同等であれば初期投資0円で導入が可能になります。

この際に気を付けなければならないのは、ローン期間が10年で計算されているかという事です。11年目以降の売電価格は決まっておらず一般的には買電単価と同額にして計算をしますので、当初10年間よりも金銭メリットは小さくなりますので仮に15年ローンで計算していた場合は当初10年間と11年目~15年は違うという事を確認しておく必要があります。

ソーラーパートナーズは、地域に根差して、真面目に活動をしている専門工事会社の全国ネットワークです。自宅に設置した場合の正直なシミュレーションを見てみたい方は、お気軽にお問い合わせください。

「手元にあるシミュレーションが適切な内容なのか見て欲しい」という方からのお問い合わせも歓迎です。

ソーラーパートナーズに見積り依頼する(無料)

メリット

節電意識が高まり、電気使用量が減る

太陽光発電システムを設置している方にお伺いすると、皆さん一様に、今まで以上に電気の無駄遣いに気を付けるようになったと仰います。無駄な電気使用を減らした分だけ売電できるわけですから当然と言えば当然の流れです。小さなお子様がいらっしゃるご家庭ではお子様が率先して節電係になるケースが多いようです。

デメリット

セット販売で余計な買い物をさせられる

既に購入検討段階で光熱費に対する無駄を省きたい意欲が高まっているところですので、よく嘘をつかれて購入しているケースを耳にします。よくあるのがオール電化(エコキュート・IHクッキングヒーター)を同時に設置しないと効果が低いという売り文句。オール電化は太陽光発電システムと相性は確かに良いのですが、実際はガス代を下げる商品でありガス代が相対的に低い方はむしろデメリットになるケースもあります。

ソーラーアドバイザー中村の写真

ソーラーアドバイザーのひとことポイント

発電モニターで瞬間的な電気使用量と待機電力などを把握できますので、外出時など2階などで電気を使われていないかのチェックをモニターで行っている方も多くいらっしゃいます。またエアコンの稼働時やドライヤーをつけた時など急激に電気使用量が増え、同時に売電量が急激に減るのを目の当たりにするため、より一層節電を意識するようになるというサイクルに入ります。

太陽光発電で創電することが、節電にもつながり、節電をすると電気代が下がり、売電収入が増えるという好循環を生み出します。

ご自宅ではどれくらいのシステムを設置できて、どれくらいの売電収入を得られるのか知りたい方は、お気軽にソーラーパートナーズまでお問い合わせください。

ソーラーパートナーズに見積り依頼する(無料)

あわせて読まれている記事

人気記事ランキング

人気記事ランキング

(2017年2月20日更新)

2017年 要チェック記事

マンガでわかる太陽光発電

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ