知ってますか?非常時・停電時でも電気を使える太陽光発電のメリット、その具体的な方法

Candle in Power Cut by Glen Bowman, on Flickr

太陽光発電には災害・停電時に非常用電源として使用できるというメリットがある

太陽光発電システムは、災害などの停電時に晴れて太陽光が出ている間は、パワコン(パワーコンディショナ―)の自立運転機能を使うことによって最大1500Wの電力を利用する事ができます。
パワコンの側面に非常用のコンセントがついていて、そこから電気を取り出す事ができるのです。

停電になった際に太陽光発電の電気を使う方法

東芝さんのWEBサイトに詳しく記載されていましたので、引用させていただきます。
引用:停電時、住宅用太陽光発電自立運転方法について|東芝

1.太陽光発電ブレーカーを[OFF]にする。

2.パワコンの運転スイッチ[ON]の状態から、一度[OFF]にし、再度[ON]にする。

3.「自立」の表示が点灯していることを確認する

4.停電用コンセントに安全の注意事項を守りプラグをさす。

※この操作方法は東芝の太陽光発電システムのものです。他メーカーの操作方法は必ず各メーカーの取扱説明書をご確認ください。

停電が終わった後に太陽光発電を通常運転に切り替える方法

ちなみに自立運転に連系運転に復帰させるときは以下の手順を踏みます。
こちらも東芝さんのページから引用させていただきます。

1.停電用コンセントから安全の注意事項を守りプラグを抜く。

2.太陽光発電用ブレーカを[ON]にする

3.運転スイッチ[ON]の状態から、一度[OFF]にし、再度[ON]にする。

4.「連系」の表示が点灯していることを確認する。

※この操作方法は東芝の太陽光発電システムのものです。他メーカーの操作方法は必ず各メーカーの取扱説明書をご確認ください。

太陽光発電が設置されていても停電時の夜間は電気を使えない

東日本大震災の時に「太陽光発電システムを設置していた家だけ夜間に電気がついていた」という情報が出回り、当社にも問い合わせが殺到しました。
太陽光発電があれば夜間に電気を使えるというのは都市伝説です。
太陽光発電システムには蓄電機能もありませんし、夜は発電しません。

あくまで太陽が出ていて太陽光パネルが発電を行っている日中の間に最大で1500Wだけコンセントがさせる電化製品だけ使用できます。
つまり、コンセントから電気を供給できない各部屋の照明がつくわけがないのです。

太陽光発電を非常時に利用するために用意しておきたい「延長コード」と「延長タップ」

非常用コンセントはパワコンについていますが、当のパワコンははだいたい分電盤(ブレーカー)の傍に設置されます。

分電盤はたいてい、玄関か脱衣所などに設置されていますので、パワコンも当然玄関や脱衣所に設置されることが多いです。

電気を使う場所は居間・キッチン・ダイニングなどが多いと思いますので、非常時に太陽光発電の電気を使おうと思ったら電源プラグを使う場所まで持ってくる必要があります。
太陽光発電システムを設置した方は非常時に備えて電源コードやコンセントの差込口が多い電源タップを用意しておくことをおすすめします。

このご時世、停電時に使用したい電化製品の第一位はスマホ・携帯電話だと思います。
その充電を家族全員分同時に行うためにはコンセントの指し口が人数分必要です。
チンタラと一人ずつ充電していたら、いつ日が陰るかわかりません。
おまけにコンセントの差込口が少ないと他の家電を使う事もできません。

太陽光の非常用電源は1500Wまで使用できる

どのくらいの電化製品を使用できるかというと、非常時にはAC100V最大合計1500Wの電気を使用する事が出来ます。
ちなみに、主要な電化製品の消費電力は以下の通りです。

主な家電製品の消費電力
電化製品 消費電力
アイロン 1,400W
IHジャー炊飯器(5.5合)※最大瞬間消費電力 1,300W
食器洗い乾燥機(100V卓上タイプ) 1,300W
ドラム式洗濯乾燥機(洗濯・脱水容量9kg) 乾燥時 1,300W
洗濯時 200W
電気ケトル 1,250W
ヘアードライヤー 1,200W
電子レンジ 500~1,000W
掃除機 強 1,000W
弱 200W
電気カーペット(3畳用) 全面 800W
1/2面 400W
テレビ(プラズマ42型) 490W
冷蔵庫(450Lクラス) 250W
テレビ(液晶42型) 210W
携帯電話の充電 5W

ちなみにiPhoneの充電器を見てみたら消費電力は5Wでした。
5人同時に充電しても25Wですので他の使用したい電化製品を邪魔しません。

パワコンは直流を交流に変換するための機械

非常コンセントがあるパワコンの主な役割は、太陽光パネルで生み出された直流の電気を家庭内で使えるように交流の電気に切り替えることです。
通常時太陽光パネルが発電しなくなった夜間も当然パワコンは翌日の朝、太陽が出て発電するときに備えて待機していなければなりません。
その間の待機電力は当然のことながら分電盤から供給されます。

ちなみに空地などに設置する10kW以上の全量買取でもパワコン用の夜間の待機電力は通常の系統から供給される必要があるため、毎月少ない金額ですがこの待機電力にかかった電気代が請求されてきます。

パワコンは発電できるとき直流で待機中は交流で動く

そうなると一つ疑問が湧いてきます。
停電時は分電盤からの電気の供給がなく、太陽光パネルからの直流電気しかありません。
自立運転機能を使って非常用コンセントから電気が使えるという事は太陽光パネルから来た直流電気をパワコンが交流電気に切り替えてくれてなければなりません。
そうなるとパワコン自体は太陽光パネルから来た直流の電気で動かなければなりません。
全量買取でもパワコンの電気代が請求される事から、パワコン自体を稼働させる電気は通常の系統から来ているものと思い込んでいましたので、改めて確認してみました。

パワコンと言えばオムロンさんが大手です。
オムロンさんに聞いてみると丁寧に教えて下さいました。

パワコンはなんと直流でも交流でも動くのだそうです。
停電時も通常時も太陽光パネルが発電している時は直流電気で、夜間などの待機時は系統から供給される交流電気で動くのだそうです。
凄いですね。

まとめ

停電時にどの電化製品が使えるのかは、設置した後に自立運転機能を確かめる事をお勧め致します。
使おうと思っている家電製品の使用ワット数が1500W以内でも、突入電流と言って電源を入れたタイミングで通常の電流よりも大きい電流が必要になることがあるからです。

我が家の炊飯器の最大消費電力は調べたら1270Wでしたので晴天時はスマホの充電しながらお米が炊けそうです。

ちなみに1500Wの電気を発電するためには、1.5kWの太陽光発電システムでは足りません。
気温の高さや、屋根の向き、角度などで諸々ロスをしてしまうからです。
一番ロスの大きい夏場で真南向きの屋根であれば約2kW、真東真西向きの屋根であれば約2.5kWあれば晴天時に1500Wは確保できると思います。

太陽光発電のメリットデメリット

知ってますか?非常時・停電時でも電気を使える太陽光発電のメリット、その具体的な方法 への4件のコメント

  1. 匿名 より:

    太陽光発電は停電時、パワコンに直接コンセントを差してしようすることしかできないようですが、パワコンが二台設置してある場合、停電時にパワコンでパワコンの電力をまかない通常通り一方の太陽光発電を稼働し、電力をまかなうことはできないのでしょうか?

    • ソーラーアドバイザー中村雄介 より:

      コメントありがとうございます。

      停電時はパワコン1台あたり1500W使用することが可能ですので、パワコンが2台あるということは3000Wまで使用することが可能です。
      3000W使うことができれば太陽光が出ている間は、おおよそ電気で困ることはないと思います。

  2. 匿名 より:

    パワコン自立コンセントについて質問です。パワコン内で直結しLDK壁のコンセントで使えるようにすることは可能なのでしょうか?

    • ソーラーアドバイザー中村雄介からの回答 より:

      コメントありがとうございます。

      結論から申しますと、パワコン内から直接電気をとることはできませんが、自立運転時のコンセントを別の場所に設置するメーカーが有ります。

      自立運転用のコンセントがパワコンについていないメーカーにシャープが有ります。
      もともと屋外用パワコンが主流だったシャープは、パワコンの自立運転用のコンセントを屋内まで配線し設置します。

      一般的にはパワコンは分電盤と近いところに設置するため、既築の場合はコンセントを設置する場所は限られます。

      新築の場合は先行配線の際に自立用コンセントの場所を自由に設置することができますので、割とどこにでも設置することが可能です。

あわせて読まれている記事

太陽光発電メーカー比較ランキング

主要メーカーを様々な角度からランキング付けしました

太陽光発電メーカーの選び方!2つの基準でかんたん解決

「変換効率」と「kW単価」を基準に解説します

太陽光発電デメリットまとめ。意外な第7のデメリットも徹底解説

意外な第7のデメリットまで徹底解説します。

人気記事ランキング

コメントをどうぞ

▶入力欄を開く▼入力欄を閉じる

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

人気記事ランキング

(2017年2月20日更新)

2017年 要チェック記事

マンガでわかる太陽光発電

お客様の声

お客様の声をもっと見る »

太陽光発電のキホン

記事をもっと見る »

太陽光発電の今を知る

コラムをもっと見る »

太陽光発電のトラブル事例

トラブル事例をもっと見る »

太陽光発電の価格を相談する

価格相談をもっと見る »

太陽光発電の専門家に聞く
(プロが答えるQ&A)

Q&Aをもっと見る »

ソーラーパートナーズ独自の取組

お問い合わせ